週末のプチ断食だけで3kg減!お金をかけずに1ヶ月でスリムになれる方法

この記事を書いた人

ともこのプロフィール

甘いものが大好きなデスクワーカー。
日頃の運動不足もあって油断するとすぐに体重が増えてしまうのが悩みです。
欠かせない体重調整にいろいろなダイエット方法を試しましたので、その経験を活かして実体験から情報提供できればと考えています。

食べたら太る。
運動不足になると太る。

そんなことは重々承知しているのに…
気がつけばズボンのベルトが締まらない。
そして座ればお腹に段。

このような体型のお悩みはないでしょうか?

痩せるためには食生活を見直したり運動習慣を身につけることはもちろん大切。
とはいえ、仕事や私生活で慌しく過ごしていると、本格的なダイエットに取り組もうとするには難しい時期もありますよね。

そうこうしているうちにますます増えてしまう体重…。
さすがに危機感を覚えたらどうにか手を打たなければなりません。

そんな時におすすめなのが、手軽に実行できるプチ断食になります。

プチ断食で何十kgも一気に落とすのは難しいです。

しかし!

早期に対処すれば、週末のみのプチ断食で1ヶ月3kg減が実現可能です!

休日にほんの少しダイエット生活を意識するのみで生活は今までどおり、これならば忙しい時でも体重調整は難しくありません。

プチ断食は危険か?

プチ断食は文字通りに食事を絶つことです。

素人が何の知識もなく完全に断食してしまうのはとても危険な行為です。

プチ断食を安全に行うためには、
酵素ドリンクを摂取するようにしましょう。

週末プチ断食は、いつから始める?

週末のみのプチ断食で1ヶ月で3kg痩せを目指す場合には、どうすれば良いでしょうか?

準備は金曜日から始めてましょう。
そして、土曜日に実行し、日曜日に少しずつ通常食に戻していくことになります。

単純に食べるものが減れば体重も減少する、というのはわかりますよね。
ですが、ただ絶食するだけでは一時的に体重が落ちるのみ、普通の食事を摂るようになればすぐに体重は元に戻ってしまうため注意が必要です。

プチ断食の目的は?

プチ断食の目的は、体重の減少とデトックスです。

まず、短期間で得られるダイエット効果はもちろん、固形物を摂らないことで消化のために働きづめの胃腸を休ませ、身体に溜まった不要なものの代謝を活発にできます。

食べものから得られないエネルギーを脂肪燃焼で代用、消化で精一杯だった内臓の働きをエネルギー消費に回せるので、便や老廃物を排出しやすい状態にできるんです。

こうしたデトックス効果により、プチ断食を行うことで身体が軽くなります。
また、食べない日を作ることで復食した際に味覚が敏感になって、味わって食べられるようにもなるのがメリット。

咀嚼する回数が自然に増えて食べる量を抑えられるので太りにくくなる、そして再びプチ断食を行う、このサイクルによって適正体重に戻りやすくなるんです。

確かに短期間で効果は出るけれども、一気に体重を減らすというよりも食べ過ぎを予防して余計なものの排出を促し、心身をリフレッシュした結果だと考えておきましょう。

金曜日は消化のいい食事でプチ断食の準備

週末のプチ断食で目指す3kg減!

まずは金曜日に断食のために身体の準備をするところから始まります。

プチ断食はお腹が空くものですが、翌日から食べられないということで、お肉や炭水化物をドカ食いしたら意味がありませんよね。

胃腸の消化活動をお休みして代謝活動をアップする、その目的を忘れてはいけません。

まずは昼食を腹8分目程度に控えておくこと、夕食は野菜多めで油分少なめの和食など、消化のいいものにしておきましょう。
食事は就寝の3時間前に済ませて、プチ断食実行に備えておくことが大切です。もちろん、寝酒もお菓子を摘むのもいけませんよ。

土曜日は丸1日固形食とはサヨウナラ

プチ断食を本格的に

土曜日は1日かけてプチ断食を本格的に行う日です。

土曜日、口にできるのは消化の負担にならないものにしましょう。
おすすめなのはスムージーや野菜ジュース、酵素ドリンクなどの栄養価の高いドリンクになります。

お金がない場合は安いヨーグルトや果汁の多い季節のフルーツ、具なしの味噌汁などを利用しましょう。

基本的には空腹を紛らわせる固形物以外の食べもので、過多に糖分や塩分が使用されていないものであれば何でも構いません。
それらを1日3食の食事のタイミングで摂るようにして、それ以外はいつもよりも水分を多めに摂取するように心がけていきます。

前日の食事を控えめにしたことで寝起きからお腹が空いているでしょう。
そして、血糖値も下がっていて力が入らないかもしれません。

しかし、せっかく代謝機能がアップしているタイミング、激しい運動は控えるにしても、空腹を紛らわせるためにも軽いウォーキング程度は身体を動かすようにしてください。

夕方にはエネルギー切れを起こしてしまっているかもしれませんが、早めに就寝するなどして対処していきましょう。
翌朝には清清しい目覚めが待っています。

日曜日の朝からゆっくり通常食に戻す

仕上げは日曜日の復食になります。

断食明けの空腹解消にいきなりヘビーなものを食べるのはNG、せっかくリセットされた胃腸がビックリして腹痛や下痢の原因になってしまいますよ。

ここはグッと我慢して、おかゆや野菜スープなどをじっくり味わってください。
1日ぶりの食事はいつもよりも美味しく感じられて感動ものです。

昼食も重たいものは避けていつもの半分くらいの量に、夕食も消化がいい和食を選んで胃腸を徐々に通常の働きに戻していきましょう。
そして週明け、日常に戻る頃には身も心も軽くなっています。

体重計も嬉しい数値を出してくれていますよ。

まとめ

プチ断食を行った後、通常食

プチ断食を行った後、通常食に戻すと数日後にはある程度体重は戻ってしまいます。

しかし、プチ断食の実行後は、ついつい食べすぎる悪い習慣を断ち切ることになり、食べ過ぎを抑制できるようになりります。
また、プチ断食を何度も行うことで、胃が小さくなるため、結果的に1ヵ月後には総合的に体重を減らせているのです。

週末のプチ断食で2kg減って復食で1kg戻る、再び週末で身体をクリアにして体重を減らして通常食に戻す、これを繰り返して1ヵ月後には無理なく3kg減が実現できます。

断食を行うのは1日だけなので負担は少ないものの、くれぐれも体調を見ながら実行すること、どうしても気分が悪くなったら中断することも大切です。

断食の危険性や断食後のリバウンドを防止したい方は、
酵素ドリンクを取り入れたプチ断食を行うと良いでしょう。

外食の機会が増えたり飲酒量が増える年末年始、イベント事が重なったタイミングなどに上手く取り入れていきましょう。